toscanaAC’s blog

雑記です。

ゲーム感想 EGRET II mini「究極TIGER」

普通の人はムリでしょ、コレ。

EGRET II mini「究極TIGER

f:id:toscanaAC:20220326151614j:plain
選択画面

f:id:toscanaAC:20220326151648j:plain
究極TIGER

今回はいきなり結論から書いてみる。世間の評価(名作云々)がどうであれ、ハッキリ言って無理ゲーだと思った。

Youtubeでクリア動画を見たけどまず普通の人なら1面すらクリアできないぐらいの難易度で、後半の面に至ってはもう何かがおかしいと思えるレベルだ。

究極タイガータイトーが販売、開発は東亜プランが行っている。東亜プランといえばシューティングと言えるほどシューティングに特化したメーカーだと認識している。

ただ、ポリシーなのか、一部の上手いプレイヤーに迎合したのか、それとも高難易度でドヤりたかった(いや、それは無いだろうけど)のかはわからないけど、究極タイガーを始めとした高難易度なシューティングを出していったことで普通のプレイヤーから嫌厭されてしまったと思われる。

そして、その結果が倒産につながったようだ。(ただ、格ゲーブームが来たことでユーザがそっちに流れたのも要因の1つ)

かなり飛躍してしまうけど、個人的には倒産のきっかけを作ったのがこの究極タイガーだと思っている。日本企業は過去の成功体験にとらわれやすい。究極タイガーの成功が悪い流れを作ってしまったのではないだろうか。

ということで最初からネガティブというかdisってしまったけど、プレイした感想を。

例によって私は下手なのでセーブ機能をフル活用してプレイしている。設定で難易度は一番易しい設定(A~DのA)にしているけど、通常の設定と大して変わらない難しさだった。(イーグレットツーミニのいいところはメニューボタンが用意サれている点、セーブする時にワンボタンでメニューに入れるのはとてもありがたい。逆にアストロシティミニは2ボタン同時押しでメニューになるので、シビアな攻撃の時はメニューを呼び出す余裕すらなくなることがあるのでちょっと使い勝手が悪い)

ネットの情報を見ても青の拡散ショットが一番使いやすいようなので基本青ショットで進めていき、途中何度もやりなおして不快感とストレスを溜めながらも何とかクリアできた。

ということで各ボス戦の簡単な感想を。ちなみに9面ボスのキャプチャを忘れてしまったのと、各面の道中で苦労したところも書こうと思ったけど、キャプチャ撮る余裕なかったので、ナシで。

f:id:toscanaAC:20220326151652j:plain
1面ボス

1面ボスは、自機に近い位置から拡散で弾を撃ってくるので慣れないせいか瞬殺されてしまった。ボムを2~3発使って倒したけど、EASYモードでも1面から殺しにかかってくるって難易度高すぎだよ。

f:id:toscanaAC:20220326151618j:plain
2面ボス

2面ボスは左右に移動しつつ放射上の弾を撃ってくるんだけど、微妙な自機狙いとその付近へ撃っている弾が組み合わさっているのでうまくよけることができず、このボスだけで20~30回やり直した。もの凄くストレスが溜まったのを覚えている。

f:id:toscanaAC:20220326151623j:plain
3面ボス

3面ボスは、攻略法を見る前は苦労したけど、1機目を張り付きとボムで倒せることがわかってからは比較的スムーズに倒せた。

f:id:toscanaAC:20220326151643j:plain
4面ボス

4面ボスは、自機にめがけて弾を連射してくるタイプの戦車が2台出てくる。片方をうまくスクロールアウトすることで対処できるものの、連射の切れ目でうまく切り返さないと、次の連射で追い詰められてアッサリ死ぬのでここも何度もやり直した。(キャプチャは最初にやったときのもので緑のレーザーを使って短期決戦を臨んでいる。2回めは青ショット)

f:id:toscanaAC:20220326151656j:plain
5面ボス

この5面ボスは安全地帯があり、キャプチャの位置が当たらない場所になっている。ボスの左右から戦車が出てくるけど、青ショットなら撃たれる前に倒すことができるので安心。

f:id:toscanaAC:20220326151631j:plain
6面ボス

6面ボスは2台の戦車の一方が連射をしてくるタイプ、もう一方が全方位で拡散弾を撃ってくるタイプ。「もうこんなのムリですやん・・・」とボヤきたくなるような攻撃で、気合で避けつつ結局ボムを使い切ったにもかかわらず時間切れでクリア。

f:id:toscanaAC:20220326151635j:plain
7面ボス

7面ボスは最初2台の戦車がつながっている状態で出現、この接続部にダメージを与えると分離してそれぞれで上下に分かれて攻撃してくるのでタチが悪い。どうやっても倒せなかったので、攻略法のお世話になって時計回りでまわりながら時間切れにする方法で乗り切った。

f:id:toscanaAC:20220326151639j:plain
8面ボス

8面ボスは、厄介な2面のボスが2台出てくる。おそらく私が一番ニガテなタイプで、ここも20~30回挑戦したけど途中ロードするつもりで操作を誤ってセーブをしてしまうという痛恨のミスをしてしまいこの日は終了。気が削がれて再チャレンジする気になれなかった・・。

そして2日後、気を取り直してセーブデータをクリアし1面から慎重にプレイ。

攻略法のサイトを参考にボスが弾を打つ前に張り付いて連射してダメ押しでボムを投下、でも火花を散らしながらしぶとく生き残っていた。イヤイヤ・・硬すぎでしょ、ボス。

でも、1機目を倒してしまえば、2機目は奥から弾を撃ってくるので比較的避けやすい。ヒットアンドアウェイで何とか倒して8面をクリアした。

キャプチャを忘れた9面ボスは、8面のボスと同じ様に1機目を如何に早く倒すかがポイントで張り付きつつ1機目が弾を撃つ前まで連射、で後ろに下がってボム。うまくいけばこれで1機目を倒せる。後は2機目から距離を取って反時計回りにまわって時間切れでクリア。上級者なら弾を避けつつ倒すんだろうけど、私にはちょっとムリかな。

f:id:toscanaAC:20220326151700j:plain
10面ボス(撃破目前!)

そして10面ボスは5面同様にキャプチャの場所が安全地帯になっているので、楽々クリア。クリアはしたけど、すごく疲れた。

では、もうネットの情報に挙がっていることだけど、プレイして感じた問題点を挙げてみる。

当たり判定がデカい
自機が大きめで見た目通りの当たり判定になっているため、敵弾の間をすり抜けようとしても当たってしまうことが多い。

敵弾が速い
このゲームは敵の移動速度は大したことはないものの敵弾がかなり速いため少しでも気を抜くとあっと言う間にやられてしまう。

自機が遅い
敵弾が速く且つ自機のいる座標に確実に撃ってくるのに対し、自機が遅いため「あっ」と思った時にはやられてしまっている。そのため切り返しのタイミングがとてもシビア。

陰険な攻撃が多い
敵の戦車やボートは画面の横や物陰から出てくることが多く、場所によっては下から出てくるといったかなり陰険な出方をしてくる。覚えてないと対処ができないので、明確な初見殺し。

敵弾がばらまかれる
主にボス戦だけど、速い弾且つそれを結構バラまいてくることが多い。しかも自機との距離が近いところで。

ボスが硬い
速い弾をバラまくボスが結構硬めでなかなか倒すことができない。倒す前に弾避けでミスって死ぬパターンがほとんど。

ボムの使い勝手が悪い
ボムは投下されてから爆発するまでのラグがあるため緊急回避手段としてほぼ役に立たない。そろそろ追い詰められるからボムを置いておくといった使い方になるけど、普通の人はそんな対応はできないと思う。

アイテムがジャマになる
黄色のショットや緑のレーザーは使い勝手が悪く誤って取ってしまうと一気に厳しくなる。望まない武器を取らないようにすると自機の行動範囲が狭くなってしまう。そして、自機のまわりをウロウロしているのに取りたい時に取れない、取ったらタイミング悪く色が変わってしまったなど、アイテムがプレイヤーの助けになるよりジャマになってしまうことが多い。

とにかく苦行のようなゲームだった。

ブラック企業が社員に過剰なストレスを与えている状態で、仕事が完了したら達成感を得られる。高難易度シューティングってこんな仕組みに似てるのかなと思った。今の時代なら「いや、それおかしいからっ!」ってなるけど、この頃はそうならなかったんだろうな・・。

以上、疲れた・・・というのが私の感想でした。